『惚れ惚れウンコの素-オカヤマ製』口コミで売れる、便秘薬じゃない腸活サポート食品とミネラル白光美人化粧品のぜななショップ!『惚れ惚れウンコの素-オカヤマ製』を簡単飲むだけ。増殖した善玉菌優勢な腸内フローラで腸内環境改善し免疫力高めて美肌にも◎!

 

血液美人の素


血液美人の素の成分であるDPAと梅肉エキス。その2大成分DPA(ハープシールオイル)梅肉エキスについてここで詳しく書いています。

 

〜 血液美人の素の成分 DPA について 〜

◇ ハープシールオイル(DPA)との出会い
平成18年 医学博士 上野紘郁
 今から3年前にSさんという患者さんが、「先生、DPAってご存知ですか」 と訊ねてきたのです。 一瞬、〔はて、何のことか〕と戸惑いましたが「エイコサ ペンタエン酸なんかと似ているものらしく、ドコサペンタエン酸って いうらしいです」というので、「それなら脂肪酸の一種で、母乳の中にも含 まれているよ」と説明して、面目を保ちました。
 Sさんが持参したのは、大阪にある研究所が発表したハープシールオイル(DPA) に関するデータでした。 ハープシールオイルとは、竪琴アザラシ(ハープ シール)の脂肪(オイル)のことで、カナダ北部やグリーンランドに棲んで いるアザラシの皮下脂肪から採るのですが、この脂肪の中にDPAが豊富に含 まれています。
 データは、ハープシールオイル(DPA)の飲用による総コレステロール、中性脂肪 血糖値、動脈硬化指数、悪玉コレステロール(LDL)、善玉コレステロール (HDL)等の改善度が、数字にはっきりと出ていました。改善をもたらした 成分が、SさんのいうDPAなのです。
 元来、氷に閉ざされた世界で1年の大半を暮らしているエスキモーやイヌ イットの人々は、野菜や果物とは無縁な肉食生活をしているにも拘らず、野 菜不足で病気になったという話を聞いた事がありません。
 それだけではなく彼等と近い地域に住み、同じ肉食中心の生活をしている カナダ人、デンマーク人をはじめ欧米人と比較しても、動脈硬化がほとんど 見られず、その結果、心筋梗塞をはじめ、血液・血管にかかわる循環器系の 罹患率が、非常に低いことが知られています。
 その理由は、アザラシの生肉や干し肉を食糧にしていることと関係がある ことが、今は解かっています。
既に魚肉の中に含まれるEPAやDHA(ドコサヘキサエン酸)などが、血液中の コレステロールと中性脂肪を正常にコントロールする事は、よく知られてい ますがアザラシの肉、特に皮下脂肪に含まれているDPAには、魚肉に含まれ ているEPAの約10倍の効果があることはまだ知られていません。
 エスキモーやイヌイットの人々は、アザラシの肉を常食するだけではなく その脂肪も常飲しているのですが、それは寒気から体を守るだけではなく、 彼等の身体を動脈硬化から守っていたのです。

 私は、長く東洋医学を研究してきましたが、ハープシールオイル(DPA)はその範 疇にもなかった処方です。 それ以来、ハープシールオイル(DPA)を動脈硬化・中 性脂肪・コレステロール等で悩んでいる70余名の患者さんに飲んでもらっ た結果、これまでに優れた改善結果が得られています。心筋梗塞・脳梗塞 糖尿病といった血液や血管に関する病気の方々におおいに効果が期待 できますので、是非とも勧めしたいし、ハープシールオイル(DPA)で「死の四重奏」の不 安を遠ざけて、はつらつとした快活な日々を送られることを願っています。


   
 

☆彡===== ハープシールについて ===== ミ☆
ハープシールオイルのハープは楽器の「竪琴」、シールは「アザラシ」を意味しており、その名もタテゴトアザラシ(Harp Seal:Phoca groenlandica)というアザラシから得られる油脂です。この名前は背中にタテゴトのような模様があることから付けられました。
 カナダ北東部沿岸域には現在約480万頭のハープシール(竪琴アザラシ)が生息し、年間約700万トンの魚を捕食すると言われています。これらのハープシール(竪琴アザラシ)は、魚網を食いちぎるなど魚場を荒らし、漁業に深刻な被害を与えています。このため、ハープシール(竪琴アザラシ)はカナダ政府監視のもとに、増えすぎを防止するために制限捕獲が許可されています。ここ数年の捕獲許可数は275,000頭ですが、捕獲したハープシールは有効利用するように政府より指示されているため、実際の捕獲数は約92,000頭と許可頭数の1/3程度になっています。アザラシはニューファンドランド‐ラブラドル地方で、古くから産業に関わっており、肉は食肉として利用され、現地では缶詰にもなっているほか、毛皮は革製品に、油は健康食品や生活油として利用されています。
 

 

梅 肉 エ キ ス



 青梅を煮詰めて作られる梅肉エキスは、青梅1kgの果汁を20gまで濃縮した、梅の有効成分の固まりです。
梅肉エキスは、クエン酸を豊富に含んだ強力なアルカリ性食品であり、製造過程で“ムメフラール”という特殊な成分が作られます。 ※ ムメフラールは、梅干しには含まれていません。

梅肉エキスの16大効用

?血流改善効果
梅肉エキスに含まれる新成分“ムメフラール”とクエン酸との相乗効果で、血液をサラサラと流れやすくし、血管の老化を防ぎます。 血流がよくなると、心臓病や脳卒中など多くの生活習慣病が予防できるだけでなく、新陳代謝が活発になり、老化にブレーキをかける事もできます。
?強力なアルカリ性食品
体を流れる血液は、PH7.4の弱アルカリ性が理想的です。 梅肉エキスは、酸性食品に偏りがちな食生活のバランスを整え、酸性化しやすい血液を弱アルカリ性にします。
?免疫細胞マクロファージの強化
細菌やウィルス、体内でできた老廃物や癌細胞まで処理してくれる免疫細胞、マクロファージを活性化します。
?カルシウムの吸収率をアップ
日本人に慢性的に不足し、吸収されにくいカルシウムの吸収率を高め、骨粗鬆症を予防します。
?癌の予防
AF-2、ベンツピレン、アフラトキシンなどの発癌物質の変異原性を高い率で抑制します。
?疲労回復
クエン酸サイクルを活発にし、エネルギー代謝をスムーズにすることで、疲労物質の乳酸をでき難くし、疲労の回復を早めたり、肩こりを解消します。
?肝臓強化
肝臓に脂肪を溜まり難くして肝機能を高めるほか、肝臓の解毒作用を助けます。
?結石予防
ラットを使った実験で、クエン酸の投与量が多いほど、結石ができにくいという結果が報告されています。
?血圧安定
原因となるACE酵素の活性を抑え、余分なナトリウムを排泄することで、血圧の安定を図ります。
?胃腸を活性化する
豊富に含まれる有機酸が、胃腸の蠕動運動を活発にします。 酸味によって唾液や胃液の分泌が促進され、消化・吸収をよくします。
?殺菌作用
大腸菌・病原性大腸菌O-157・腸炎菌・チフス菌・赤痢菌・枯草菌・コレラ菌・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)など、多くの病原菌の増殖を抑え、食中毒や感染症を予防します。
?美容効果
梅肉エキスの酸味で分泌がよくなる唾液には、若返りホルモンのパロチンや、活性酸素の毒を消す成分などが、高い濃度で含まれています。 また、便秘を解消する働きは、体の内側から肌を美しく保つのに役立ちます。
?抗アレルギー作用
アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質・ヒスタミンの働きを抑制します。
?鎮痛作用
ベンジルβ-D-グルコピラノシドという成分が、アスピリンと同程度の鎮痛作用を発揮します。
?癌細胞のアポトーシス(自殺)を誘導
エンドヌクレアーゼと呼ばれる酵素を活性化し、癌細胞のアポトーシス(自殺)を誘導します。
?ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)を殺菌
胃炎や胃潰瘍、胃癌の原因と言われるピロリ菌を強力に殺菌します。

会員専用ページ

購入時に会員登録して下さい。
    ログイン

店長紹介

sayoco

あなたの腸内環境とお肌、健康全般のお手伝いができればしあわせです!

ちょ美メモBlog
ちょ美っとくるものをメモったブログです! よろしければのぞいてみてください♪

セールのご案内

 メアド登録・解除

メルマガ発行システムを利用していますが、夏冬年2回謝恩セール開催のご案内のみご登録のお客様に送信いたします。メルマガは一切発行いたしません。

QRコード