『惚れ惚れウンコの素-オカヤマ製』口コミで売れる、便秘薬じゃない腸活サポート食品とミネラル白光美人化粧品のぜななショップ!『惚れ惚れウンコの素-オカヤマ製』を簡単飲むだけ。増殖した善玉菌優勢な腸内フローラで腸内環境改善し免疫力高めて美肌にも◎!



惚れ惚れウンコと腸の変形・宿便・アレルギー

 
 
 『惚れ惚れウンコの素』を飲む前にご自分の腸の状態アレルギー宿便のことを知っておくことは、惚れ惚れウンコの素を飲んで腸内環境を整えるために、とても大切なことではないでしょうか?
悪玉菌が多い腸内環境でおきる様々なこと、それが原因で起こる症状(食物アレルギーアトピー)などを簡単に書いています。また、質問の多いヨーグルトなどの発酵食品の乳酸菌などは、胃酸で死滅して腸まで届かず、たとえ届いても一時的なもので腸内に留まって増殖することはありません。


 

**==**大腸の変形について**==**


 
 加齢とともに皮膚にイボやホクロができるのと同じように、大腸の中にもポリープや憩室ができます。また、腸が狭窄状態(細く狭い状態)の場合は、細いウンコしか出ません。
 便通異常や出ない歴が長い人は、腸内に何日も便がたまり膨満し、伸びきったゴム風船のように腸がゆるみ、収縮力を失っています。腸がゆるみ収縮力を失うと蠕動運動もしなくなっています。動物性ばかりのバランスの悪い食事を摂っている人は、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維も不足して血糖やコレステロールも高くなり、腸内環境が悪化して変形の原因になってきます。
 腸が蠕動運動をしないことによって、便秘がひどくなり、便秘薬を常用して排便するようになる。腸は蠕動運動を自力でしなくなり便秘薬を飲まないと排便できなくなる……悪循環ですね。
このような人の腸が変形している可能性の高い人です。また、便秘していないという人でも、毎日快便でない人は腸が変形しているかもしれません。

 
 
 
  • 変形した腸

医者に、あなたは腸が“長い”といわれた人は、要注意!長いのではありません。下写真のように、ゆるんで伸びきって下垂しているのです。どうですか?見た目には長く見えませんか?

便秘・変形 腸 便秘 変形 腸
 
 
  • 子宮を圧迫する変形した腸

腸の下垂によって子宮や輸卵管が圧迫され、卵子が通り抜けられずにおこる月経不順などの思わぬ弊害もあります。
子宮 変形 腸

 
 


 

 

**==** 宿便について **==**


 
 宿便は存在しないという人もいますが、“惚れ惚れウンコの素”を飲んで、実際に宿便が出たという体験をした人がたくさんいます。 早い人で一ヶ月から遅い人で2年など、宿便が出るまでの期間はひとによって様々ですが、出てくる宿便もまた、色々です。腸内の宿便をとることは、ダイエットにも◎
宿便
 
   

 


**==**  惚れ惚れウンコの定義  **==**


 
 惚れ惚れとするようなウンコが出る状態が、善玉菌が優位で日和見菌まで味方につけたよい腸内環境です...といわれても、いったいどんなウンコを惚れ惚れウンコと判断すればよいのでしょうか? ここではその判断ができるように、箇条書きで書いてみました。毎日の健康チェックにお役立てください。
 

★どんな状態の大便が“惚れ惚れウンコ”?

☆なぎなたほどの長さ一本(40〜50cmほど)
☆バナナほどの太さ
☆黄金色
☆おならもウンコもくさい匂いが無く甘酸っぱい感じのにおい
☆一気にスムーズにお出る
☆残便感が無い
☆便が便器や肛門に付かないので便器も拭いた紙も汚れない

 

★どうしたら“惚れ惚れウンコ”がでるの?

☆腸内細菌が善玉菌優位になっている
☆腸が正常な形になっている、近づいている
☆腸がきちんと蠕動運動をしている

 

★どうしたら腸内環境がよくなるの?

☆腸の中の善玉菌を増やす
☆動物性タンパク質(悪玉菌のエサ)を控え善玉菌に栄養を与える
☆腸を正常な形に戻す
☆腸の蠕動運動を活発にする
☆善玉菌優勢な腸内環境を保ち続ける


 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


惚れ惚れウンコの素を飲むことは

腸をきれいに元気にして(腸内環境改善)便通異常を解消

予防医学とは、カラダが病気になる前に予防するものです

"病気を予防して細菌やウィルスへの免疫を保持して

肌荒れの原因を減らしてお肌の調子を整え美容にも◎"

腸内環境をよくすることはガンや生活習慣病の予防にもなる



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


  |♪UP↑トップにもどる♪|       |♪一つ前のページにもどる♪|  

 

 
  カンジダ菌とアレルギー
 

 動物性タンパク質の過食が続くと便通異常が起こって、クサイ悪臭便となり、確実に腸の中には宿便が溜まっていきます。 宿便が溜まると悪玉菌が優勢になってきますが、特に、カンジダ菌というカビが増殖して、腸壁を破壊するようになってきます。
 破壊された腸の傷口からは、身体に異物のタンパク質や悪玉菌が生産する有害物質、その他、様々な悪い物質が侵入してくるようになり、それらが原因となってアレルギー症状が起こるようになります。
 そう少し詳しく食べ物がアレルゲンとなるメカニズムを説明しますと、口から食べた食べ物は胃腸できちんと分解・消化吸収されて、不要になったものは排泄されます。 これを代謝といいますが、この代謝が上手くいかない人がいるのです。
 食べ物が吸収される為には、タンパク質はアミノ酸、糖分はブドウ糖、脂肪分は脂肪酸にまで細かく砕かれて、腸の微繊毛と呼ばれる場所から吸収されますが、食べ物の分子量が大きい未消化物の場合には、腸粘膜で吸収されず、ウンコとして排泄されるようになっています。
 ところが、アレルギー患者の場合には、本来であればウンコとして排泄される筈の未消化物が、カンジダ菌が腸壁を破壊した為にできたタダレ等の傷口から吸収されてしまうのです。 そして、吸収された未消化物は、身体にとっての異物(抗原)とみなされ、免疫グロブリンEという抗体が作られ、異物を攻撃するようになります。 これがアレルギー反応なのです。 このアレルギー反応が、皮膚で起こった場合には<アトピー性皮膚炎>と呼び、鼻粘膜で起こった場合には<アレルギー性鼻炎>、気管支粘膜で起こった場合には<気管支喘息>と呼ばれます。 つまり、アレルギー反応の起こる場所によって病名が変わりますが、症状の起こるメカニズムそのものは同じなのです。
 アレルギーを治すためには、まず、腸壁が破壊されてできたタダレ等の傷口を治す必要があるのです。 腸壁の傷口を治すためには、どうしても少食と腸内環境を整える必要があります。 腸内環境を整えるためには、毎日の食生活の改善が不可欠です。
 アレルギー(病気)の元栓(クサイ悪臭便)を閉めることこそが、アレルギーの根本的な解決となるのです。

 
 

 

  アトピー性皮膚炎の治療法
 
 現代医学が行う治療は、病気が起こる根本原因を追求しようともせずに、表面的に起こるアレルギー反応だけを見て、アレルギー反応が起こると思われる食品を排除しながら、薬で痒み等を抑えることに重点がおかれています。 確かに、ステロイドとか薬草エキスなどを塗れば、痒みは一時的に治まりますが、アレルギーが治ってしまった訳ではありません。
痒みが無くなったとしても、皮膚から排泄されなかったアレルゲンは体内に残っていますので、血流に乗って腎臓の糸球体のところへ行くと、今度はリンパ球や白血球が活性酸素を放出しながら攻撃をするのですが、この時に糸球体が障害を受けて腎機能が低下してきます。 その結果として、尿の排出量が減少しますので、体内に水分が溜まって浮腫み易くなり、脱毛症になる人もいるのです。
 抗アレルギー剤等の薬を安易に使用し続けると、アレルゲンを捕捉しようとする免疫力が低下してきますので、その為に、生体はアレルゲンを全身の組織に分散するか、腎臓に負担をかけるようになります。
 だから、根本原因を解決しないままアレルゲンをいつまでも身体に残すような治療、及び、薬(薬草エキスを含む)を使い続けていると、将来、脱毛症だけでは治まらなくなる可能性がありますので注意が必要です。
   根本的にアレルギーを治したいならば、動物性タンパク質は勿論の事ですが、過食を止めて少食にし、とにかく腸の中をキレイにして、腸壁の傷口を治すことです。 腸の中をキレイにするという事は、ビフィズス菌が優勢な腸内環境にするという事です。
 いくら表面的にアレルゲンになるものを調べて、そのアレルゲンを排除しても、又、次のアレルゲンが出てきますので、段々と食べられる物が少なくなってきてしまい、最終的には無菌室でしか生きられない人間となってしまう事でしょう。


   
 

 宿便と腸麻痺 

 
腸は、蠕動運動という動きによって、食べた物を下部腸管へ送っていますが、食べ過ぎで排泄し切れなかった残留物(宿便)を一時的に収容しています。 食べ過ぎで必要以上に食べ物が入ってくると、それを収容する為に腸は、横に膨らんだり、長く伸びたりします。 すると、いろいろな場所で腸の癒着が起こります。 そして、その部分が変形して狭くなったりネジレたりすると、食べ物の通過が悪くなって、次には、腸麻痺の状態が起こり、蠕動運動が思うようにできなくなるのです。
 
 その結果、宿便が停滞してしまい、その部分が汚染され、腐敗が進行し、悪玉菌が増加すると同時に、善玉菌が減少していき、腸内環境は最悪の状態になります。 このようにして、どんどん発癌物質などの有害物質が産生されて、血液中に有害物質が入り込んでいきますので、あらゆる病気が起こってくるのです。 
 癌の手術をして癌になった部分だけを切除しても、癌ができる根本原因を解決しないならば、再び次の新しい癌ができます。癌が再発するのではなくて、根本原因を解決しないままだから、次の新しい癌ができるだけの事であり、当然の事であります。 癌患者の共通点は、“便通異常”です。 癌を治そうと思うならば、“便通異常”の原因を解決しない限り治りません。 健康食品やサプリメントなどを飲んで一時的に癌の活動が治まったとしても、それは一時的なものであり、“便通異常”が無くならないならば再び癌は活動を始め、新しく次の癌ができる事でしょう。 全て、原因があっての結果ですので、不思議な事ではありません。


 腸とストレス 

 
自律神経は、消化、排せつを調整しています。腸がストレスと密接な関係にあるのはこのためです。 胃腸が活発に動いて消化し、排せつを促すには、自律神経の副交感神経が働かなければなりません。 人は、リラックスした状態で副交感神経が活発に働くのでストレスがたまると腸の調子が悪化するのです。 頻繁に下痢をするなどお腹に不調を感じる人は、この副交感神経のバランスを壊しやすい体質でしょう。 適度なスポーツ運動と十分な食物繊維が摂取できるよう野菜の多いバランスのよい食材に見直し、積極的に腸内環境を整え、人の言葉であまり悩まないようにして過ごすようにします。 腸内環境を積極的に整えるには『惚れ惚れウンコの素』をオススメします?
 


*惚れ惚れウンコの素を飲んで、善玉菌が効果的に増加して優位な腸内環境になると、ガスが発生してたくさんおならが出るときがあります。これは腸内で消化活動が活性化している証拠なので、女性は嫌なものですが腸内環境が落ち着いてくるまで辛抱してください!
 


 

 

会員専用ページ

購入時に会員登録して下さい。
    ログイン

店長紹介

sayoco

あなたの腸内環境とお肌、健康全般のお手伝いができればしあわせです!

ちょ美メモBlog
ちょ美っとくるものをメモったブログです! よろしければのぞいてみてください♪

セールのご案内

 メアド登録・解除

メルマガ発行システムを利用していますが、夏冬年2回謝恩セール開催のご案内のみご登録のお客様に送信いたします。メルマガは一切発行いたしません。

QRコード